タイトル

二重整形の基礎知識

海外の整形

二重整形ナビ

手術方法

目頭切開

手術方法は様々で名前が似ている場合もあり、きちんとした説明を受けることが大切です。この目頭切開という手術は、主に目と目の間が広く開いている人に適しています。

少しくらいなら間があっても印象を悪く与えることはありませんが、あまりにも広く開きすぎると目が腫れぼったく見えたり、目つきが悪くなったりとした印象を与えてしまいます。大人っぽい美しい目の比率というものがあるそうで、目と目の間が1対1対1という比率が一番美しく見えると言われているそうです。

多少離れていても可愛く見えるかもしれませんが、あんまり離れすぎるとアンバランスに見えることが比較的多いので、この手術方法でカバーする人が多いと言われています。目の間の比率はどうしようもないと考えてしまうと思いますが、この手術方法は目を中央に寄せ切れ長の大きな目にすることを目的としています。

具体的には、目頭から上まぶたにかけかぶさっている皮膚を切開し、目の横幅を広げることで、美しい比率を生み出すという方法です。この方法で一回り大きな切れ長の目になり、横幅が広がった結果黒目がはっきりと見えるようになるそうです。

目の大きさを変えることはできませんが、周りの皮膚を少し切開することで大きく見せることが可能となるので、目が離れている人も希望が見えてくることでしょう。手術時間も30分ほどで完了し、シャワーやメイクも当日から使用することができます。切れ長の目にして美しい印象を手に入れられることでしょう。

Copyright (C) 二重整形ナビ All Rights Reserved