タイトル

二重整形の基礎知識

海外の整形

二重整形ナビ

手術方法

全切開法

ミニ切開法と何が違うかというと、用途によって変わることと脂肪を取り除くということです。あまり違いはありませんが、ミニ切開では完全に腫れぼったいまぶたを取り除くことができない人には、この全切開法が適している手術方法と言えます。

手術方法はミニ切開法とあまり変わらず、余分な脂肪を取り除いた後に内部処理を施し、縫い合わせることで二重になります。手術時間はミニ切開法より少し時間がかかる程度で、約30分で完了するとのことです。術後は一重に戻ることはないそうなので安心して手術を受けることが可能です。

今まで不愛想に見えた印象は、明るく優しい印象に見えると思います。まぶたもはっきりと二重に見えるようになり、目を今までより大きく見せることができるでしょう。もちろんダウンタイムも考慮されており、ミニ切開法と同様で片目ずつ眼帯を使用して腫れを軽減することが可能です。

この手術方法は、毎日アイプチで二重を形成していたため変な癖ができてしまった人に適しています。術後は麻酔の影響もあり少し腫れることもあるそうですが、次第に腫れも引いてラインがくっきり見えるようになります。

目も大きく見えとても明るく見えることでしょう。アイメイクも術後1週間ほどで使用可能となります。一重や術前に戻ることはほとんどなく、半永久的に持続するそうです。幅の広狭もあるかと思いますが、そういった場合も元に戻ることは少ないようなので、自分が理想とするまぶたに変わることができることでしょう。

Copyright (C) 二重整形ナビ All Rights Reserved