タイトル

二重整形の基礎知識

海外の整形

二重整形ナビ

手術方法

上まぶた修正

まぶたを美容外科や他の医療で手術を行い、術後に問題が起きる場合がまれにあるそうです。そういった場合に行われるのが上まぶた修正です。修正方法は症状によって様々です。二重にしようと手術を受けたら三重になってしまったり、たるみをなくそうとしたらさらに皮膚にたるみができ目にかぶさってしまったりと自分の希望とは違った場合がみられるそうです。

そういった症状は美容外科の医師の技術的な部分や経験不足、予期せぬ副作用などが挙げられます。そのような症状が起きてしまった場合は、経験豊富な美容外科を選択し、手術の回数を増やすことなく希望通りのまぶたにしてもらうことが必要となるでしょう。

上まぶたは体重の変化や加齢によっても変化していきます。脂肪が痩せてしまいたるみの原因となってしまいます。こういった場合も修正を行いたるみなどの症状をなくしていきます。まずはヒアルロン酸の注入を行う方法です。

たるみの程度が比較的軽い症状の人に適していますが、簡単にできると思いがちなのが落とし穴です。注入する量で思わぬ事態が起きるときがあるので注意が必要です。効果は約半年と言われており、ケースによって長持ちする場合もあるそうです。他にも真皮脂肪移植術という方法があり、この手術は症状が多い方にとって適しています。

前切開法で脂肪を取り除いた結果、たるみが出てしまった場合などはこの方法で修正することができるそうです。しかしこの手術方法はあまり美容外科では行っていないそうなので、修正する場合はきちんとした医療に診断してもらうとよいでしょう。

Copyright (C) 二重整形ナビ All Rights Reserved