タイトル

二重整形の基礎知識

海外の整形

二重整形ナビ

手術方法

下眼瞼下制術

下眼瞼下制術と呼ばれている手術ですが、同じような手術で名前だけ少し変えている美容外科があるそうなので、手術方法など事前に詳しく担当医に聞くことが重要となります。

この手術はつり目を治したい・たれ目にして柔らかな印象にしたい・目を大きくしたい・細い目を優しい目に治したいなど、これらの問題を抱えている人に適している手術方法と言えます。

この手術の特徴は、下眼瞼の真ん中~外側1/2を下げて下方への開きを大きくすることにより、大きく魅力的な目にすることができます。同時につり目からたれ目の優しい印象にすることも可能になった点もポイントの一つと言えます。

手術の方法は下まぶたの裏側から下方にまぶたを引き上げて、外側の白目を大きく見せることができます。基本的にまぶたの裏側からの手術ということで傷は残ることはないそうです。下げる程度に合わせるため、皮膚の切除を行うこともあるそうなので、きちんとした手順を確認しておきましょう。

挙筋短縮法や挙筋タッキング法という手術方法を同時に行うことでさらに大きな目にすることも可能となるそうです。術後に思った通りの目になっていないと感じ元に戻したいと思った場合、元の目に戻ることはできますが100%元に戻すことはできないそうです。術後の傷跡は綺麗になりますが、術前の綺麗な皮膚に戻ることは完全に保証はできません。もちろん目に見えないぐらい綺麗になるのであまり気にするほどではないと思います。しっかりとした検査・検討の上手術を行いましょう。

Copyright (C) 二重整形ナビ All Rights Reserved